模擬テスト前にイメージトレーニングをしろ


本番でのパフォーマンスを高める方法としては、もう一つ非常に効果的な方法があります。例えば、前章で「模擬試験を本番感覚で受けろ」と申しましたが、「なかなかそういう感覚になれない」という人も効果的です。

その方法というのは、テストの日、自宅を出る前に試験場を想定してイメージトレーニングをするのです。

その方法は、以下のとおりです。

  1. 目を閉じて呼吸を整える。深呼吸を10回する。
  2. 目を閉じたまま、試験場の教室をイメージする。
  3. 周りに優秀そうな受験生がたくさんいるのを想像し、わざと緊張してみる。
  4. 緊張した状態であっても、うまく試験を進めていくイメージをする。

できるだけ、五感を活用したイメージを作るとより効果的です。試験場は、できれば本番と同様に私立中学校の教室をイメージできると良いのですが、難しければ塾の教室や学校の教室でも良いかと思います。

また大手塾の模擬試験の中には、実際に私立中学校の教室を会場にする場合がありますので、それを利用するのも一手でしょう。

実は少々専門的になりますが、さらに深く潜在意識に働きかけるトレーニング方法があります。その方法を収めたCDを販売しておりますので、それを利用するのも良いかと思います。これは私が実際にそういう面で問題のある生徒に施しているトレーニングを録音したもので、聴いて指示通りにしてくれれば効果が出るようになっています。短時間で手っ取り早く効果の高いトレーニングを希望する方にはお勧めです。商品一覧はこちら

何気なく受けている模擬テストも、利用の仕方しだいでその効果は全く変わってきます。あなたのお子様は、「ただ受けるだけ」という感覚ではないでしょうか?なかには流れ作業の一過程、友達と会える遊び感覚で試験場に臨んでいるのではないでしょうか?やり方を変えないと、本番の日にとんでもないしっぺ返しが来るかもしれませんので、是非注意して欲しいところかと思います。