成功する親は、塾に入れる時が違う。なぜ中学受験をさせるか説明しろ

Pocket

中学受験で最も重要なことは、本人のモチベーションです。本人のやる気次第で、中学受験の成果は全く違ったものになるでしょう。ここではモチベーションを高水準で維持していくためにはどうしたら良いかについて、説明したいと思います。成功する親というのは、このモチベーションの力を、最大限高めるための工夫をします。

本人がモチベーションを持って取り組むかどうか、なるべく人に言われて勉強するのではなく、自らが率先して勉強に取り組むという姿勢が理想的です。その鍵として、

目的意識を植え付けることが大事かと思います。

成績下位の生徒は、なぜ中学受験をやっているのかわからない生徒が多いです。親に言われるがまま塾に入れられ、しょうがないからやっているという感じです。これでは、心に火がついているお子様とはどんどん差がついてしまうのは当然です。

成功する親は、勝手に塾に入れるのではなく、子供によく話して納得させて入塾させます。どうして子供に中学受験をさせたいのか、塾に入れるのか、丁寧に説明します。塾に入れる目的、受験する目的を明確にするのです。

私立中学が公立中学と比べて、どのような魅力があるのか、それを子供が反応しそうな言葉を選んで説明するのです。

もちろん、小学3・4年生のときは、私立中学の価値などよくわからないかもしれません。でも、遊びに行くのではなく、目的があっていくのだということが伝わればよいのです。そして親の真剣味が伝わるだけでも、効果ありです。

逆に下手な親の筆頭は、「塾は楽しいから行ってごらん」って言う親です。これでは、塾が楽しくなかったらすぐに辞めたくなるでしょう。はじめ塾が楽しかったとしても、つまづいたらだんだん嫌になってしまいます。この時にモチベーションが続かなかったら、受験は失敗してしまうのです。塾に入れることを目的としている親がやる、典型的なミスです。