塾選びに失敗するな!

Pocket

親がやる一番初めの仕事が塾選びです。言うまでもなく現行の中学受験では、塾が不可欠であるとともに、合格に与える塾の影響力は計り知れません。

しかし、多くの親は安易に塾を選びがちです。例えば、大手塾が発表する合格実績の数字だけ、東大合格者の人数だけで志望中学校を決めるように、開成・灘・桜蔭などの最難関校の合格者数のみで選ぶ人がいます。また、友達が行くからという理由一つで、塾を決める人もいます。もちろん、合格実績は塾選びにおいては重要な指標です。

しかし、塾は行けばよいところではなく、有効に活用して初めて意味がある手段でもあります。

また大手塾ではなく、個人塾の方が向いている生徒もいます。また、夜遅くに帰宅することになるので、塾までの距離や安全性なども考慮する必要があります。このように、塾を選定する際の視点は複数様々あるかと思います。

子供の性質・性格また状況などを理解できているのは親しかいません。

塾は一度決めたら、なかなかやめることができません。それだけに、子供に別との塾を選んであげることは、中学受験をさせる親の最低限の勤めでもあります。

ぜひ安易に決めることなく、実際に塾に脚を運び、あらゆる点を斟酌しながら慎重に考えていただきたいものだと思います。