受験戦略は親の役目


戦略のない、中学受験生が多すぎる。

受験は長期戦であり、入試までにどれだけ力をつけるかが勝敗を決めるわけですから、入試の日までどのようにして実力をつけていくかという戦略は大きなファクターになります。

しかし多くの受験生はそんなことはつゆ知らず、ただ塾の言うがままの勉強をし受験をします。日々こなしているだけで、そこに長期的な展望は何もありません。

中学受験生は受験初心者なのですから、こんなことわからなくても当然です。
成功する親は自分が戦略を立て、子供を操縦していくのです。

しかし失敗する親は、塾にまかせっきりで何もしません。 戦い方を知らない子供は、それでは負け組に入るしかないのです。

親には、長期的な視野と、それをうまく進めるために今何をするべきか考えながら、中学受験に臨んでもらいたいものです。