全く違う結果を出す中学受験に対する親の理解の仕方

Pocket

 中学受験というと、親から見れば面倒くさいイベントのように思っていないでしょうか?
「大学受験ならともかく、最終学歴には無関係の中学校に入るために苦労するなんて…」と感じる保護者は多いはずです。

 私の受験指導はもともと大学受験指導から始まりました。そこから中学受験指導に移ったのですが、そのように選択したのは中学受験指導の方が意義深く感じたからです。

 中学受験というのは12歳という人生において絶妙のタイミングにある試練です。既にある程度出来上がっている状態での試練でなく、まだ基礎も何もない、真っ白な状態で始める取り組みです。

 親は子供に学歴を与えることばかり考えるかもしれません。ですがこの時代、学歴だけがあっても生きてはいけません。

 中学受験は、学歴を超えた人間の基礎をつくる機会と考えることができます。
中学受験をすることによって、多くの子供は様々な挫折を味わうことでしょう。努力を怠ることによって、うまくいかないことも知るでしょう。

 でも大人との違いは、子供は大人よりもずっと早く変わることができるということです。大人よりもはるかに修正能力が高いのです。
 大人は教えられても、なかなか自分では変わることができません。しかし子供は、大成功する為のコツを学ぶことができたら人よりもはるかにスピーディに習慣化することができます。

 あなたは中学受験を、ちょっと上品な学校に入学させるためのコースとして捉えているかもしれません。でも、子供が自分で夢を叶えるための実力をつけるためのコースと捉えてみてはいかがでしょう。

 このように考えるだけで、これまでとは全く違う深い観点から子どもの教育を叶えることができるはずです。要は親の見方によって、子供の成長度合いは全く異なってくるということです。