中学受験が終わるまでは、親は子供を支配しろ


家庭教師には、成績不振者からだけ依頼が来るのではありません。私の場合、塾の成績優秀者からの依頼も少なくありません。したがって、保護者の研究をすることができたわけですが、成績優秀者の親にかなり共通していると思える点が、子供に対する支配力です。

成功する親というのは、子供にNOと言わせない強さを持っています。

支配力というと、命令口調でビシビシ指示をとばす母親のイメージが出るかもしれませんが、そういう方ばかりではありません。それぞれの親子関係のあり方によって、子に対する態度は違うのですが、結局は親の思うように子供をリードできる親が勝っているように見えます。

5年生6年生ぐらいになると、だんだん親の言うことを聞かなくなってきやすい時期かもしれませんが、どうやらポイントはそういう兆候が見えてきたら、なるべく早めにそうなりそうな芽を潰すのです。

子供への支配力が受験の結果に大きく左右するということを肝に銘じて、望んでもらいたいと思います。