なるべく中学受験生の保護者と付き合え


孤独な母親

中学受験生の母親は孤独です。中学受験をすると、自分の世界にこもる傾向になるそうです。うまくいかなくなると、自分一人で悩み、子供に当たるということが少なくありません。

でも自分一人で悩んでも、なかなか解決しないのが現実ではないでしょうか?

自分一人で悩まない。

成功する親は、なるべく受験に有利な環境を作ることに努力を払います。例えば、中学受験の保護者の交友関係を積極的に作ったりすることもその一つです。中には、そういう親たちを集めてお茶会を開催する保護者もいます。

会ってもどうせ本当のことは言わないだろうし・・・という考えもあろうかと思いますが、それは人次第です。愚痴を聞いてもらうだけでも、精神衛生上の効果はありますし、今のうちに人脈を作っておけば、なかなか知り得ない情報を得ることもあるかもしれません。

悩んでいるのは自分だけではない。

なんといっても、「他のうちも結構悩んでいるのね」ということを知るだけで、気持ちが楽になります。他人から刺激を受けて、自分のモチベーションにもつながります。

自分の子供と異性の子供を持つ親と付き合え

特におすすめしたいのは、異性の受験生の親と交友を持つことです。例えば男の子をお持ちならば、女の子の受験生を持つお母様と仲良くするのです。

同性の受験生の親同士なら、ライバル意識も出るかもしれませんので、大事なことはあえて口に出さないかもしれません。

でもそれが異性であれば遠慮はありません。お違いwin-winの関係がつくれます。ためらいもなく本音で話すことができましょうし、とっておきの情報をお違い語りあうことができます。ひょっとしたら将来お子様同士がお付き合いされることもあるかもしれませんしね(笑)。